お金借りる即日

お金を借りる即日 ほんとに即日キャッシングができる!

「お金を借りる即日」と検索すると、非常に多くの種類のカードローンが出てきます。アコム、モビット、プロミスなど、キャッシングに興味がない方でも知っている有名な会社が多いでしょう。これらの会社だと、本当に申し込みをしたその日のうちにキャッシングができます。ここではこれらの会社の中でどこがおすすめか、即日キャッシングをするときに知っておくべきことは何か、などを書きます。

 

 

即日キャッシングの会社で違いはあるのか?

即日キャッシングの会社で、大手なら違いは特にありません。アコムでもプロミスでも、モビットでもほぼ同じです。違いがあるとしたら、たとえばアイフルは最低借入金額が1000円単位からということ。しかしこれだってアコムなどの最低借入金額の1万円も、普通の用途だったら特に大きすぎることはないはずです。また、仮に余るにしても、余った分はその日のうちにすぐに返済してしまえば、若干面倒ではありますが、利息を払う必要はありません。

 

 

その日のうちに振込してもらうためには、何時までに申し込みすればいい?

その日のうちにお金がいるという場合、大体午前中に申し込みしておけば、あなたの銀行口座に振り込んでもらえます。というのは、大手のカードローン会社の場合、大体14時に審査が完了していれば、そのまま振り込んでくれるからです。普通の銀行が閉まるのは15時なので、その1時間前には審査が完了しているべき、ということですね。モビットなど14時50分までOKということはありますが、こういうギリギリで行動するのは危険なので、やはり14時を目安とした方がいいでしょう。

 

 

14時を過ぎてしまった場合はどうすればいいか?

この場合も大丈夫です。それぞれの会社の無人契約機でカードを発行し、それを使ってコンビニなどで借入をすればいいからです。審査自体はどの会社も大体21時くらいまでやっています。そして、無人契約機もそのくらいの時間までオープンしています(地域や会社によります)。なので、夜審査に合格して、その足で無人契約機に行ってカードを発行し、それでコンビニに行って引き落とす、という風にすればいいのです。

 

 

アコムやプロミスの場合、提携銀行がある

たとえばアコムや楽天銀行、プロミスならジャパンネット銀行、三井住友銀行と、提携している銀行があります。このような場合、その提携している銀行であれば24時間振り込んでもらえます。なので、これらのケースだと、カードを発行しなくても即日融資が可能です。

 

お金を借りる

フリーランスの自営業というのは、即日キャッシングの審査では多少…というか結構不利です。しかし、審査自体は問題なく通ります。希望金額にもよりますが、その人の年収と比較して、常識の範囲内であれば問題なくその日のうちに借りられるでしょう。以下、フリーランス、自営業の方の即日キャッシングについて書きます。

 

収入証明書の提出は、大抵必須

アコムやアイフルなど、多くのカードローン会社は「百万円未満なら、収入証明不要」というようなシステムでやっています。しかし、フリーランス・自営業・個人事業主などの方の場合、収入証明が必要ということが多いです。これらの職業は収入が不安定なので、それは仕方ないでしょう。何にしても収入証明書が必要ということで、それを用意してから審査にのぞむ、ということが重要です。

 

どんな収入証明を用意すればいいか?

これは確定申告の書類、納税証明書などになります。フリーランスの方の場合、クライアントさんから個別に源泉徴収票をたくさんもらっているでしょう。それを全部バラバラで出しても、受け取るカードローン会社の側が困ります。「あなたの方で、先に計算してまとめてから提出してください」と言われるに決まっています。そして、そのまとめた書類の公的なものが、確定申告の書類であり、納税証明書なわけです。なので、こういう書類を出すのが必須だし、一番楽なんですね。

続きを読む≫ 2015/07/01 09:08:01

これについて、経営者の方々の励みになるような話をしましょう。実はケンタッキーの創業者のカーネル・サンダースも、資金繰りに行き詰まったころ、高利貸から借りていたことがありました。どのくらいの利息かは、高利貸といっても日本とアメリカの違い、時代の違いがあるのでわかりません。ただ、周りの人に利息を話したら「正気の沙汰じゃない」と言われるくらいの金利だったそうです。しかしカーネル・サンダースは見事に完済し「私もビジネスを軌道に乗せたし、高利貸の方も儲かった」と、ひたすら前向きに振り返っています。

 

 

問題を早く解決し、完済に向かうべき

経営者にとって決断はもっとも重要な仕事の一つ。そして、決断についてジョブズはこう言っています。「決断には二種類しかない。早くていい決断か、遅くて悪い決断か、だ」。と。言い回しは多少違ったかも知れませんが、内容としてはこういうことを言っています。つまり「決断は何よりもスピードが命」ということです。

 

 

カードローンの種類はどれも同じなので、早く借りて、早く完済すべき

大手のカードローン会社なら、利息などの内容はどれもほぼ同じです。だったら、そのようなところで迷わずに、早く借りて、早く完済するというのが一番大事です。そうやって力を注ぐべきところだけに注いでいれべ、経営全体ももっとうまくいくでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/01 11:56:01

結論からいうとほぼ無理です。というのは、事業者ローンは個人向けローンと違って、基本的に「しっかりビジネスをしている人」のためのローンだからです。しっかりビジネスをしている人が、今日中にお金が振り込まれないとまずい、というケースに陥ることはありません。正確にいうとしょっちゅうあるのですが、それはビジネスの世界では「まだ実力がない」「世間に受け入れられていない」という風に取られます。ビジネスの世界は厳しいのです。なので、事業者ローンでも「そういう人に貸す金はない」と言われてしまうのです。

 

 

経営者の方が即日キャッシングを必要とするなら、個人向けローン

というわけで、自分の会社や事務所などを経営している方が即日キャッシングを必要とするなら、個人向けローンを使うべきです。使うしかありません。この場合はもう四の五の言わずに早くピンチを切り抜けましょう。個人向けローンは事業者ローンよりも利息が高いですが、普通の人々が払っている利息なので、さほど大きな問題はないですし、何よりも会社やお店を潰さないということが最優先のはずです。

続きを読む≫ 2015/05/01 09:54:01

怖くても、金利の計算と残高の把握は必ずする

私自身もキャッシングをしていた頃、怖くてこの計算ができなかったので、しない人々の気持ちはよくわかります。しかし、やはり利息を払いまくる生活を卒業するためには、現実を直視しないといけません。現実を直視するのは、たとえば体調が悪い時の嘔吐のようなものです。それをする前までは「絶対したくない」と思いますが、一度嘔吐してしまうと楽になります。それと同じです。

 

 

金利の支払いがなかったら、何を買うか想像しよう

人間の脳は楽しい方向には喜んで向かっていきます(だからこそ、借金をしてでもいろいろ買ってしまうのですが)。ここではそれをプラスに活かして「金利の支払いがなかったら、この分で何を買いたいか?」と想像してみましょう。いろんなものが買えることに気づくはずです。そうして完済することの喜びが増えたら、完済のためのモチベーションも上がり、完済する時は確実に近づいていくはずです。このようにモチベーションの部分から自分を管理するということも重要でしょう。

続きを読む≫ 2015/04/01 09:50:01

カードローンでもクレジットカードでも、即日キャッシングをしてめでたしではありません。その後の完済こそが一番大切なことです。で、これをできるだけ早くした方がいいというのは誰もが知っているのですが、現実にはできない人がほとんどです。なぜそうなってしまうのでしょうか。理由を解説します。

 

 

金利の計算をしていない

借金をしたことがない人は驚くかも知れませんが、こういうキャッシングやクレジットカードを利用する人のほとんどが、金利の計算をしていないのです。大体の金額は把握していても、たとえば「そのペースで返済を続けると、いつ完済して、累計でいくら利息で払うのか」ということを、計算していないのです。ためしに、モデルケースを出して説明してみましょう。

 

50万円を実質年率18パーセントで借りた場合は?

実質年率18パーセントというのは、多くのクレジットカードやカードローンで一般的な利息です(一番高い利息ですが、少額融資の場合は一番高い金利になるので)。で、これで50万借りて、毎月1万ずつ返済したとしましょう(この毎月1万ずつというのも、一番多いパターンです)。この場合、完済するまでに大体96ヶ月、つまり8年かかり、累計で支払う金利は40万近くになります。カードローン会社によって多少違いますが、大体このくらいの数字です。利息だけで40万近くになるのです。

続きを読む≫ 2015/03/02 09:47:02

そもそも、フリーランスが確定申告をしないのはありえない

フリーランスで確定申告をしていないというのは、まずありえないことです。していない方がいたら、あまりに税金オンチか、まだ本気でフリーランスの仕事をしていないということでしょう。事業所として信用してもらうためにも確定申告は必要ですし、節税のためにも必要です。確定申告をするだけで、源泉徴収でとられたかなりの部分の税金が戻ってくるわけですから、資金繰りをよくするためにも、確定申告をしない手はないでしょう。

 

 

フリーランスは普通の会社員の数倍稼ぐ必要がある

キャッシングの審査に限らず、結婚相手を探すなどのケースでも、フリーランスというのはこのように経済的に不安視されるものです。なので、会社員の方の数倍の年収を稼いで初めて、相手を安心させることができます(自分もその方が安心でしょう)。フリーランスで生きると決めたのなら、そのくらいの厳しい見方をされることは覚悟の上でしょうから、ぜひ、意識を高めてがんばっていただきたいと思います。

続きを読む≫ 2015/02/19 12:10:19